みなさんは、DSP広告というものをご存じですか。
DSP広告とは、「Demand-Side Platform」の略称であり、直訳すると需要者側のプラットフォームという意味になります。
この需要者側というのは広告主のことを指し、そしてそのプラットフォームを用いて広告を配信することや、その広告自体のことを「DSP広告」と呼んでいます。
また、それらを集めた広告配信ネットワークのことをアドネットワーク(Ad Network)と呼びます。
基本的に若干難解で、関係のない人にとっては本当にピンとこないものではあるのですが、実は私たちは日々、この広告に触れているのです。

例えば、ネットで美容室について調べたあと、別のサイトを眺めていたら、同じような美容室の広告が流れてきたという経験はありませんか。
これこそがDSP広告と呼ばれるもので、従来のweb広告の仕組みであった、メディア運営者の指定した広告枠や掲載期間を広告主が購入して配信するというものではなく、広告主が配信条件を決めるという新たなシステムなのです。
これについて、ウェブプロモーションに特化したWeb広告運用代理店、「NDPマーケティング」の公式サイト内に設置されているDSP広告についてのページでは、図なども用いて大変丁寧にDSP広告に関わる知識や情報を紹介しており、ある程度その仕組みを理解することが可能です。

これからの時代、web広告というものはどんどん発展していくと推測されます。
だからこそ、一度当サイトに足を運び、新しい流れを把握するきっかけを作ってみませんか。

http://www.ndpmarketing.co.jp/service/dsp.html


http://www.nwcraftsalliance.com/?nwc=6